作成者:権栄一 

膝裏はリンパの流れが滞りやすい場所。ここの流れをよくして、下半身にたまりがちな老廃物をごっそり流しましょう! 冷えやむくみの解消にもつながります。簡単なので、ヨガの前はもちろん、寝る前などに行うのもおすすめです。, このポーズの鍵となるのは膝裏。できるだけ膝を伸ばして、膝裏のリンパ節に働きかけ、脚の滞りをリリース。, 四つん這いから左脚を前へ伸ばす。姿勢が安定するところに両手をおき、脚裏が伸びていることを感じながら5呼吸キープ。姿勢が安定しない場合は、両手の下にブロックなどを入れて、体を支えて。, サーフトリップで訪れたバリ島でヨガに出会い、日本におけるアシュタンガヨガの第一人者ケン・ハラクマ先生に師事。都内でのクラスのほか、地方開催のイベントやWSにも多数参加する。藤沢・辻堂でudaya yoga studioを主宰。, モデル・ヨガインストラクター。新体操の選手として活躍後、ヨガを学ぶ。現在、モデルとして雑誌や広告、CM、ファッションショーなどに出演するとともに、ヨガ講師としても、ヨガの魅力を広く、楽しく伝えている。, Photos by Shoko Matsuhashi リンパ管は全身に張り巡らされていて、その中をリンパ液が流れています。 リンパは体内で不要になった老廃物などを回収して運ぶ「排泄機能」があります。 また、リンパにはもう一つ「免疫機能」という重要な役割もあります。 2つの役割について簡単に説明します。 Text by Minako Noguchi

「膝が腫れているけど原因不明。どう対処したら良いのかも分からない」そんな方はこの記事が参考になるはずです。, 様々なことが引き金となり得る膝の腫れ。まずはどんな原因があるのかを知りましょう。自分でもできる対処法も併せて紹介しているので、病院を受診するまでの応急処置としてお役立てください。また、考えられる原因を受診前に知っておくだけでも、安心感は違ってくるはずです。, 膝の内側、外側または膝の下が打撲しやすい箇所です。膝を強く打ちつけることにより、痛みに腫れが伴います。これは膝の内部で出血が起きてしまうため。初めは患部が赤くなる程度ですが、徐々に青や紫に変化したり熱を持ったりすることもあります。, 打撲後、強打した部分のみ腫れるという特徴がありますが、膝全体が大きく腫れている場合は膝蓋骨骨折(膝のお皿の骨折)の可能性も考えられます。, 打撲による腫れの応急処置は、それぞれ英語にした際の頭文字をとって、RICE(ライス)と呼ばれています。, これらはあくまで応急処置。痛みが強かったり長引いたりするようであれば、必ず整形外科を受診してください。, 膝にはリンパ節という器官があり、体内の老廃物や水分を排出するため常に循環しています。冷えやストレス、運動不足によってリンパが循環不良になり、詰まってしまうことがあります。リンパ節がある膝の裏が膨らむように腫れているなら、リンパが詰まっている可能性があります。, リンパが詰まって腫れても、膝を動かす際のしびれや違和感のみで、痛みは生じないケースも。ただ、これが膝裏であれば、必然的に関節の可動域は狭くなります。パンパンになってしまうと、膝が曲がらなくなってしまうことが考えられます。, リンパの詰まりには、次のように対処しましょう。注意すべきは、決して強い力で行わないこと。優しく、ゆっくりと行うのが重要です。, 太ももの骨とすねの骨を繋げている膝関節は、関節包(かんせつほう)という組織に包まれています。そしてその関節包は、膝関節をスムーズに動かす潤滑油でもある関節滑液(かんせつかつえき)で満たされています。, 基本的に、関節滑液は常に一定量。しかし、関節滑液を作り出す滑膜という組織に炎症が生じると、正常な働きを失ってしまうことがあります。そうして関節滑液を過剰に分泌してしまい、膝関節にたまるのです。これが、膝にたまる「水」の正体。膝裏や膝上(お皿の上)にはある程度の広さのスペースが存在するため、この位置にたまることが多いのです。膝に水がたまると、痛みや動かしづらさに加え、炎症が強い場合には膝が熱を持つこともあります。, 先述のように、膝の病気の影響で膝に水がたまることがあります。では、一体どのような病気が原因となるのでしょうか。主な疾患には次のようなものがあります。, 変形性膝関節症とは、太ももの骨とすねの骨の表面を覆っている軟骨がすり減り、様々な症状を引き起こす疾患です。軟骨は関節の動きを滑らかにさせ、膝に加わる衝撃を吸収する、クッションのような役割を担っています。この軟骨が加齢や外傷が原因ですり減ることで、骨と骨とが直接ぶつかりあうように。そうしてすり減った軟骨や骨が滑膜を刺激することで、炎症を引き起こします。これが膝の水たまりの原因です。病院で変形性膝関節症と診断を受ける方は、初診時に膝の痛みに加え、腫れも訴える方が多い印象があります。, 自己免疫疾患である関節リウマチという病気も、膝の水たまりを引き起こす原因のひとつです。人間の身体には、悪い細菌やウイルスを退治する役割を持つ免疫細胞が存在します。この免疫細胞が異常をきたし、自分自身の細胞や関節を攻撃してしまうのが関節リウマチ。膝関節だけでなく全身の関節で炎症が生じ、水がたまりやすくなります。, 膝関節に強い負荷がかかり過ぎると、軟骨が欠けてしまうことがあります。その軟骨の欠片がねずみのように膝関節内を漂うため、関節ねずみと呼ばれるようになりました。この軟骨片が膝関節の組織を傷つけたり滑膜を刺激したりすると炎症を起こし、水がたまることがあります。, 痛風と聞くと、足の指の痛みをイメージされるかもしれませんが、実は膝関節に痛みをもたらすこともあります。痛風とは体内にある尿酸(プリン体が分解された際に出る物質)が過剰になった際に起こる病気。過剰な尿酸は血液中のナトリウムと結合して結晶を作り、関節内にたまっていきます。この結晶は身体にとって異物。そのため、外敵駆除担当の白血球が退治に乗り出します。その際に炎症性の物質を出すため、関節に炎症が生じ、水がたまることがあるのです。, 膝に水がたまったときの対処法としては、次のようなものがあります。ただ膝に水がたまっている場合、薬や手術での治療が必要なケースがほとんど。必ず、病院へ行くようにしてください。, 膝にばい菌(黄色ブドウ球菌など)が入り込んでしまい、炎症が起きてしまうことがあります。炎症が起きた膝関節は、化膿して腫れてしまいます(化膿性関節炎)。さらに状態が悪化すると、軟骨(膝関節のクッションの役割を持つ組織)や骨自体を破壊する恐ろしい病気です。この場合、広範囲に腫れが起き、強い痛みや熱感を伴うことも多くなります。, けがや虫歯、注射などが原因となることがあります。これは、膝をけがした際の傷口からの感染、膝関節へ注射を行った際の刺し傷からの感染、虫歯菌が血管に入り膝まで運ばれてしまう血行性感染といったものです。, また、人工膝関節置換術や前十字靭帯再建といった膝の手術後、細菌が体内に入り込んで感染する可能性も考えられます。仮に人工関節が感染してしまった場合、それを取り除いて患部を洗浄しなければならないケースもあります。, 膝では炎症が起きているため、まずは冷やすなどの応急処置を行いましょう。ただ、この化膿性関節炎は治療が遅れてしまうと関節の変形や動きに障害が残ってしまう可能性があります。上記の原因や症状に心当たりがあれば、早急に病院を受診してください。, 膝の腫れには様々な原因があり、症状や対処法も異なります。膝に腫れが起きているのは、何かしらの異常を示しているサインかもしれません。応急処置はご紹介しましたが、その後は早めに整形外科を受診するのが望ましいでしょう。, ひざ関節症クリニックグループひざ関節症クリニックグループは「ひざの痛みを、あきらめない」をスローガンに、みなさまがいつまでも人生を楽しく過ごせるよう応援する医療機関です。整形外科の診療内容を網羅するのではなく、ひざに特化することで、より専門的な診療や治療をご提供しています。 ひざ関節症クリニックグループについて, ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。 また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。, ひざ痛チャンネルは、整形外科専門医が在籍する、ひざ関節症クリニックが運営しております。. 3.膝裏のリンパが腫れていたり痛む場合 膝裏のリンパが詰まって痛みを感じる場合は、あまり強くもんだりせずに、やさしくさすることで血行が良くなります。 冷え性の改善や、足を細くすることにもつながるので、ぜひ1度お試しください。 冷やす(Icing)……打撲直後、すぐに冷やすことで腫れや痛みを抑えることができます。しかし、急激に冷やすと、皮膚がダメージを受けてしまうこともあるので注意。袋に氷と少量の水を入れ、タオルで包みましょう。患部に優しく当てて下さい。, 固定する(Compression)……膝の腫れを悪化させないために、膝を固定するのも効果的です。膝関節に当て木をして包帯で固定しましょう。膝の動きを制限して、腫れの悪化や痛みを抑えてくれます。, 高くあげる(Elevation)……膝を心臓より高い位置に上げましょう。患部に血液が流れ込まないようにすることで、腫れの悪化を抑えます。横になって、足だけ箱のうえに乗せるのがよいでしょう。, 温める……膝裏の腫れは、慢性的な血行不良が原因であることも多いです。その場合、患部を温めることで血行が良くなり、痛みや腫れの改善が期待できます。, マッサージ……膝裏のリンパをマッサージすることで、滞っていた老廃物を押し流すことができます。膝裏を両手の親指で軽く押さえ、上に押し上げるように動かしましょう。1回に5秒くらいかけて、ゆっくり行ってください。リンパの流れが良くなり、腫れの改善が期待できます。, アイシング……水たまりの原因は膝の炎症。炎症を抑えるには冷やすのが有効です。氷と少量の水を入れた袋をタオルでくるみ、患部に当てましょう。, サポーター……炎症を抑えるためにサポーターを着けるのも効果的です。膝関節を固定することで、膝にかかる負担を減らすことができます。しかし、痛みが強いときは無理な固定は禁物。関節内で強い炎症が起こっていれば悪化する可能性があるため、まずアイシングをしましょう。, マッサージ……リンパの腫れと同様、血液の循環が良くなり、腫れの軽減が期待できます。効果的なのは、太ももを優しく揉むようにするマッサージ。強く押し込むのは悪化の原因になります。. 膝裏が腫れてむくんでしまうということはないですか?どのようにすれば緩和できるのかをまとめました。また、病院に行く場合は何科にいけばいいかも合わせてまとめました。 みなさんの中で、普段の生活を送っている中で、膝裏に異変や痛みを感じた経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。 投稿日:2017/11/18, 膝裏が痛んだり、違和感を感じた時にどうしたらいいかわからず困ってしまう方が近年では多いとされています。みなさんの中でもこういった経験をされた方は少なくないのではないでしょうか。そこでここではそんな膝裏の痛みや違和感の原因とされているリンパをマッサージする方法についてお話ししていきます。ここでの方法を参考にすれば、おおよその膝裏の悩みが解消されるはずです。, 最近では日頃から様々な分野で耳にすることが増えたリンパが実際にはどういったものなのかわからない方がほとんどなのではないでしょうか。そこでここではまずリンパが一体どういったものなのかについてお話しします。膝裏の違和感や痛みの原因の多くはこのリンパとされているため、リンパについてしっかりと理解することが重要であると言えます。, リンパは簡単に言ってしまうと、体の中の様々なものを巡らす役割を果たしている器官と言えます。その中でもリンパの役割は大きく3つに分けることができます。その1つ目として栄養を循環させる役割が挙げられます。リンパには細胞や酸素に栄養を送る機能があり、リンパの流れの良し悪しによって栄養がスムーズに全身に行き渡るか否かが決定してきます。, 続いて2つ目の役割として、老廃物を排出してくれる役割が挙げられます。リンパは体内でいらなくなった老廃物や水分を排出してくれます。この機能に不具合が生じるとむくみやセルライトの温床になってしまいます。また3つ目の役割は免疫機能であり、体内の細菌を退治する白血球を生み出してくれたり、体内に侵入してくる病原菌を記憶する抗体を作ってくれる役割があります。, 続いてはリンパの種類についてお話しします。リンパとは3つの種類の総称を言います。ここではリンパを構成する3つの種類についてお話しします。まず1つ目の器官はリンパ液です。リンパ液とは、リンパ管の中を流れる液体のことを指し、栄養や老廃物を運んでくれる昨日を持ちます。このリンパ液は毛細血管からリンパ球が流れ込み、外からの侵入物を攻撃する抗体を作り出す機能も持っています。, 続いてのリンパの器官はリンパ管です。リンパ管とは静脈にまとわりつくような形で存在しており、リンパ液の通り道となっている管のことを指します。リンパ管が詰まってしまうと、細胞に栄養が行き届かなくなってしまったり、老廃物がスムーズに排出されなくなってしまい、体に様々な弊害が生じてしまう重要な器官となっています。, 最後に3つ目の器官についてご紹介します。最後にご紹介するリンパの器官はリンパ節です。このリンパ節は人間の体内において抗体をつくる器官とされており、上記でご紹介したリンパ管を通って流れてきたリンパ液が通るための関所のような器官となっています。体内の毒素や病原菌を取り除いてくれるだけでなく、リンパ液を濾過してくれる役割を果たす器官です。, 上記においてはそもそもリンパとは一体どんなものであり、そのリンパの中にもその機能や役割によって分けられる種類などについてそれぞれご説明しました。ここでは膝裏の違和感や痛み、むくみの原因二ついてお話ししていきます。問題を解決するためにはまずはじめに、その問題の原因を知り、その原因に対して対処を行うことが重要であると言えますので、しっかりと理解するようにしましょう。, まず1つ目にあげることができる膝裏の痛みやむくみの原因は、リンパの流れが悪化することであると言えます。身体中にあるリンパ節の中でも、膝裏に位置するリンパ節を膝窩リンパ節といい、膝周りから足首にかけてのリンパは、一度この膝窩リンパ節に流れ込んでくる仕組みとなっています。この流れが悪くなることで、痛みやむくみを引き起こしてしまうとされているのです。, 続いて2つ目の膝裏の痛みやむくみの原因としては、筋肉痛があげられます。この筋肉痛に関しては、普段運動を行わない方などが急にウォーキングやランニングを行うと、筋を痛めて膝裏が痛くなってしまうことがあります。この原因は特に運動慣れをしていない方に比較的に起こりやすいものとされています。運動前のストレッチなどの準備運動で予防できるため、意識して行いましょう。, 3つ目にご紹介する膝裏の痛みやむくみの原因は靭帯の損傷などの怪我とされています。膝裏には大きな靭帯があり、後十字靭帯と呼ばれるものです。この靭帯が傷つくと、激しい痛みを引き起こします。この損傷は歩行中などにすねを何かにぶつけることなどで損傷することが多いとされており、原因がこの靭帯の損傷である場合は、病院に行く必要があるでしょう。, 最後にご紹介する膝裏の痛みやむくみの原因は病気とされています。とてもざっくりとした言い方ではありますが、病気によっては、痛みや症状と原因箇所が一致しない場合などが少なからず見受けられます。脳に障害があると四肢に麻痺などが起こる症状と同じ原理です。そのため、この場合もなんらかの病気による痛みやむくみである可能性があるので、靭帯の損傷同様に病院にいくようにしましょう。, これまで主にリンパについてお話ししてきましたが、リンパは人間の身体の中でも極めて重要な役割を担っている器官であると同時に、リンパに問題は起きると思いがけない病気や怪我の原因となってしまうようなものとなっています。このようなことから、膝裏に違和感や痛みを感じたら、すぐにでもそれらの問題を解決することに取り組むことがおすすめとされています。, また上記でも取り上げましたが、特に膝裏にある膝窩リンパ節に着目し、リンパを放置しておくと老廃物がきちんと排出されなくなってしまったり、足が太くなってしまいます。つまり裏を返せば、きちんとしたケアを行って、老廃物がしっかりと排出され、余分な水分も抜けていくことになるので、結果として美脚作りにも効果的であると言えるのです。この点でもリンパの働きは重要になってくるのです。, それではこれまでのお話を踏まえ、今回のテーマであるおすすめな膝裏のリンパマッサージについてご紹介していきます。膝裏にはリンパが集中しているため、リンパの働きが円滑に行われていないと、様々な要因で基礎代謝が下がってしまうと同時に、水分や老廃物のようなものを溜め込んでしまいます。そんな状態に陥らないためにも、膝裏のリンパ流れをよくするためのマッサージをご紹介します。, まずはじめにご紹介する膝裏のリンパマッサージはもっとも簡単にできる、膝裏ほぐしというマッサージになります。膝裏の凹みに親指を合わせるようにして、一定の力でほぐしていきます。誰かにやってもらっても構いませんし、セルフケアで行っても構いません。足を緩めた状態で、少し足を高めの位置に固定してから行うようにしましょう。, 続いてご紹介する膝裏リンパマッサージはヒア裏の内側と外側を別々に分けて考えることで、親指を使って丁寧にマッサージしていきます。1つ目のマッサージが指圧的なものであったのに対して、今回のマッサージはよりマッサージ感が強いものとなっており、凝っている箇所を柔らかくするというイメージをもっって行うようにしましょう。, 最後にご紹介する膝裏リンパマッサージはながらマッサージです。こちらはテレビを見ながらでも行うことが行うことができる膝裏リンパマッサージとなっています。このマッサージにおいてはテニスボールのような小さな球状のものを使用し、そのボールを膝裏に挟んで座るだけのマッサージとなっています。これであれば、忙しい方にとっても取り入れやすいものとなっています。, 上記でご紹介した膝裏リンパマッサージをはじめとしたマッサージは、基本的に隙間時間に行うものであるということが言えるはずです。しかし、そんな中でもより余裕があった際には様々な工夫をすることでより、リンパマッサージの効果を高めることができるのです。そこでここでは膝裏リンパマッサージの効果を高めるためのコツについてご紹介していきます。, まず1つ目にあげられる膝裏リンパマッサージの効果を高めるコツは入浴後にマッサージを行うということです。入浴後においては、人間の体内では血管がか拡張し、血行が良くなっています。リンパの流れに至っても、比較的に良い状態であると言えるため、その状態でマッサージを行う方がより効果的であると言えることができます。, 続いての膝裏リンパマッサージの効果を高めるためのコツはマッサージを行う前と後にコップ一杯の水を飲むということです。水を摂取することで、リンパを流しやすくなるという効果があります。また、マッサージ後に再度水分を摂取することで、流したリンパを排出する働きを高めてくれます。この際に冷たいものではなく、常温の水をとるようにしましょう。, 最後にご紹介する膝裏リンパマッサージの効果を高めるためのコツはマッサージオイルを使用するということです。マッサージオイルは肌を滑りやすくしてくれるだけではなく、マッサージを行いやすくなり、肌への負担を軽減してくれます。また、オイルによってはビタミンEなどを含むものもあり、血行を良くしてくれて、健康にもダイエットにも効果を高めてくれるものとなっています。, ここでは膝裏リンパマッサージとは違うアプローチであるストレッチについてご紹介していきます。ここでご紹介するストレッチもまた、膝裏の問題を解決する上で効果的であるとされているので、ぜひ試してみてください。仕事中などにも実践できるものも幾つかあるため、息抜きを兼ねて試してみてください。, このストレッチは膝裏の問題の中でも違和感のある場合に効果的なストレッチとなっています。違和感がある方は試してみてください。, 椅子を2つ必要とするストレッチとなっていますが、椅子が2つない場合は、もう一方は同じ高さで安定性のあるもので代用しましょう。, こちらのストレッチは膝裏に痛みを感じる方が行うと極めて効果的なストレッチとなっています。痛みのある方はお試しください。, こちらのストレッチは足を伸ばしきった状態をキープすることで、膝裏のリンパに刺激を与えることができるストレッチとなっています。, このストレッチ中に出てくる委中というツボはふくらはぎに溜まった老廃物や水分を流す効果を持っており、脚やせにも効果が期待できます。, ここでは膝裏リンパマッサージやストレッチを行う上での注意点についてお話しします。これらのマッサージやストレッチはあくまで、この2つで解決することができる問題に対してのみ効果的であるということが言えます。つまり、この2つの方法で解決できない問題に関しては、病院に行って医師の指示を仰ぐことが重要です。躊躇せずに早めに病院に行くようにしましょう。, 今回は膝裏の痛みや違和感などに効果的なおすすめ膝裏リンパマッサージについてお話ししてきました。その中でリンパについても多くご説明しましたが、リンパが人体の中でも極めて需要な役割を担っており、そのリンパにおける問題が様々な体の不具合につながるということもわかっていただけたはずです。そのため、今回ご紹介した膝裏リンパマッサージも健康のためにもぜひ試してみてください。, 【エクスレッグスリマー】・驚異の満足度98%・ミス・ユニバース公式商品・自宅で履くだけの簡単美脚ケア, 手のひらを上にし、患部に小指の先が当たるよう差し込み、中指と薬指で膝の皿を支えるようにつかむ.