Windows7 64bitにOffice Home & Business 2016の環境にて、 [XMLスプレッドシート2003]形式で保存したXMLファイルをダブルクリックで開こうとすると、 1つでもEXCELが起動している場合ブラウザによるXMLの内容表示になる現象が発生します。 再現方法 1. XML データをインポートして、データをワークシートのセルに対応付けし、そのデータを変更した後に、XML ファイルにエクスポートまたは保存したい場合があります。, XML データをエクスポートする前に、リボンの [開発] タブを有効にする必要があります。 「 [開発] タブを表示する」をご覧ください。, XML マップを作成して、Excel のデータを XML データ ファイルにエクスポートする場合、エクスポートできる行数には制限があります。 Excel から XML にエクスポートする場合、保存されるのは最大で 65,536 行です。 ファイルに 65,536 を超える行が含まれている場合、Excel では最初の (#ROWS mod 65537) 行がエクスポートされます。 たとえば、70,000 行からなるワークシートの場合、Excel では 70000 mod 65537 = 4464 行がエクスポートされます。 推奨する方法は、1) 代わりに xlsx を使用する、2) XML Spreadsheet 2003 (.xml) としてファイルを保存する (ただし、この場合はマッピングが失われます)、3) 65,536 以降のすべての行を削除してから、もう一度エクスポートする (この場合、マッピングは保持されますが、ファイルの最後のデータは失われます) のいずれかです。, [開発] タブが表示されていない場合は、「[開発] タブを表示する」を参照してください。, 小さな [XML のエクスポート] ダイアログ ボックスが表示された場合は、使用する XML の対応付けをクリックし、[OK] をクリックします。, XML テーブルが選択されておらず、ブックに複数の XML の対応付けが含まれる場合は、このダイアログ ボックスのみが表示されます。, 大きい [XML のエクスポート] ダイアログ ボックスで、[ファイル名] ボックスに XML データ ファイルの名前を入力します。, 注: ワークシートに XML 関連付けの XML 要素名と異なる見出しまたはラベルが含まれる場合、そのワークシートから XML データをエクスポートまたは保存すると、Excel ではその XML 要素が使用されます。, ファイルの総行数から 65537 を引きます。 この結果、x 行数が求められます。, ワークシートを XML データファイルとしてエクスポートします (手順については、前のセクションを参照してください)。, [閉じる] をクリックします。シートは保存しないでください。 Excel ワークシートをもう一度開きます。, 合計 x の後のすべてを削除し、XML データファイルとしてエクスポートします (手順については、前のセクションを参照してください)。, この手順によって、残りの行が表示されます。 この時点で、2つの XML エクスポートファイルが用意されています。これらを組み合わせると、元のワークシートの複製を作成することができます。, 初期の XML 機能の下位互換性のため、[エクスポート] コマンドを使用する代わりに、ファイルを XML データファイル (.xml) として保存したい場合があります。, この手順に従うと、ブックを XML データ ファイルとして保存する場合に、ブックの変更内容が失われることはなくなります。, [ファイル>名前を付けて保存] をクリックし、ファイルを保存する場所を選択します。, Excel 2007 のみで、[ Microsoft Office ボタン VLOOKUPに取って代わる?と言われるその使い方等をご紹介!, 大量のデータを扱う為重い、ある日を境に急に重くなった等々…マクロあるあるですが、本記事の内容を適用する事で確実にスピードアップする事間違い無しなので、お困りな方は是非参考にして下さい!, このデータでINSERT(UPDATE)しといて!とエクセルを渡される事が個人的に多々あります。 ガジェットと自転車を愛してやまないにわか情シスです(ᵔᴥᵔ) # Generated on Tue Feb 4 14:49:50 TZZ 2020 by GXP1625 [00:0B:82:XX:XX:XX] -->, # boot 1.0.4.5; core 1.0.4.101; base 1.0.4.140; prog 1.0.4.152 -->, XMLDocument.Load (ActiveWorkbook.Path & "\" & strModelName & "\雛形.xml"), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P3").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P35").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P36").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P270").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P290").Item(0).Text = "{ <=" & Cells(nLine, CST_COL_PREFIX + nColumn) & ">xxxxxxxxxx+ | <=" & Cells(nLine, CST_COL_PREFIX + nColumn) & ">1xx | 5x | 7xxx | 8xxx | 9xxx }", XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P404").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P405").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P407").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P417").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P459").Item(0).Text = "{ <=" & Cells(nLine, CST_COL_PREFIX + nColumn) & ">xxxxxxxxxx+ | <=" & Cells(nLine, CST_COL_PREFIX + nColumn) & ">1xx | 5x | 7xxx | 8xxx | 9xxx }", XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P504").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P505").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P507").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P517").Item(0).Text = Cells(nLine, CST_COL_SIP + nColumn), XMLDocument.SelectNodes("gs_provision/config/P559").Item(0).Text = "{ <=" & Cells(nLine, CST_COL_PREFIX + nColumn) & ">xxxxxxxxxx+ | <=" & Cells(nLine, CST_COL_PREFIX + nColumn) & ">1xx | 5x | 7xxx | 8xxx | 9xxx }", 【共有フォルダ】誰も開いてないエクセル(Excel)が使用中・閲覧中になる現象完全攻略【他のユーザー】, 【Hackintosh】Windows上のVMwareにMacOSを入れる手順まとめ, Windows上のvmwareにmacOS X 10.15 Catalina をインストールする方法【mac無し】. EXCELを起動 2. home. ホーム. Excelを使用してXMLデータを入出力する場合は、XMLデータの文書構造やデータ型などを定義した「XMLスキーマ」をブックに追加し、セルの列にXMLデータの要素を対応付けることによってXML形式でデータを入出力することができるようになります。, Extensible Markup Language【エクセテンサブル マークアップ ランゲージ】の略でExtensible【エクセテンサブル】は伸張性があるという意味がありMarkup【マークアップ】はダグを使用した文書構造の意味付けLangeuage【ランゲージ】は言語という意味があります。, データにダグと呼ばれる情報を不可することでデータの意味を記述し、データを入れ子構造で構成してデータの階層構造を表します。, データの階層構造は、主に「XMLスキーマ」を使用して設計し、その階層構造に従ってXMLデータを作成します。, XMLで記述されたファイルはテキスト形式なので汎用性が高く、OSやアプリケーションが違う環境でもデータの交換が可能になります。, 汎用性が高いテキストとしてはCSVもありますが、問題点として個々のデータに意味付けがされていない、使用されている文字コードによっては環境によって文字化けしてしまう問題がありますがXMLはこれらの問題を解決したファイル形式になります。, XMLは、「要素」と呼ばれる単位で構成され「タグ」と呼ばれる文字列によってデータの意味を記述し、各要素を入れ子構造で記述することによってデータの階層構造を記述します。, , XMLスキーマは、XMLデータの階層構造や出現する要素とそのデータ型などを定義するXML形式のファイルです。, XMLスキーマの拡張子は「xsd」です。XMLスキーマを読めば、作成するXMLデータの要素と その階層構造を確認できます。また、XMLデータがXMLスキーマで定義された要素や階層構造で作成されているかといったチェックを行うときもXMLスキーマが参照されます。, コードはテキストエディタ(メモ帳)などに記述して文字コードは「UTF-8」で拡張子を「xsd」に設定して保存します。, 2行目【】 XLMスキーマのルート要素であるschema【スキーマ】要素を記述します。ここでは、「xsd」がXMLスキーマの「名前空間接頭辞」であることを宣言します。, 「名前空間接頭辞」とは、タグの要素名の前に記述する文字列で、どこで定義されたダグなのかを識別することができます。, 例えば、<xsd:タグ名>の形で記述することで、このタグがXMLスキーマのタグであることを表します。, 3行目【】 XMLで出現する要素はelement【エレメント】要素で記述します。要素名はname【ネーム】属性で定義します。子要素を持つルート要素の「A事業」を定義します。, 4行目【】 要素配下に要素(もしくは属性)を含む場合には、要素配下に要素を記述します。, complexType【コンプレックスタイプ】要素は子要素や属性の情報また、その登場順や回数を定義します。子要素がありますという宣言のようなものです。, 5行目【】 sequence【シーケンス】とは配列や順番という意味がありsequence【シーケンス】要素は、その配下の要素が順番に出現することを意味します。, 6行目~8行目【 】 子要素はcomplexType【コンプレックスタイプ】要素でまとめてルートのelement【エレメント】要素の子要素として記述します。, 子要素の出現順番を定義する場合はsequence【シーケンス】要素でまとめてcomplexType【コンプレックスタイプ】要素の子要素をして出現する順番に記述します。, 何度も出現する要素には、minOccurs【ミニオーカーズ】属性に最低出現回数、maxOccurs【マックスオーカーズ】属性に最高出現回数を設定します。なお、無制限で出現させるときは、maxOccurs【マックスオーカーズ】属性にunbounded【アンバンデッド】を設定します。, Occurs【オーカーズ】は発生という意味があり、unbounded【アンバンデッド】は無制限とい意味があります。, 9行目【】 階層構造の最下部データ部分の定義です。element【エレメント】要素のname【ネーム】属性に「商品名」type【タイプ】属性にデータ型を設定します。ここでは、文字列型(string)になります。, 10行目【】 階層構造の最下部データ部分の定義です。element【エレメント】要素のname【ネーム】属性に「価格」type【タイプ】属性にデータ型を設定します。ここでは、整数型(int)になります。, 以上で、XMLスキーマを作成する方法についての解説を終了します。ありがとうございました。, encoding【エンコーディング】属性は文字コードをOSやアプリケーションなどの環境に合わせて設定します。, 外部ドキュメント型定義 (XMLスキーマ) などの外部情報に依存しているかどうかを示します。, 1行目【】, 2行目【】, 9行目【】. Excelには、シートの任意の列にXML要素を対応付けてインポートする機能があります。ExcelからXMLファイル(チケット)を指定して開きます。ダイアログが表示されるので[XMLソース作業ウィンドウを使用する]を選択して[OK]ボタンをクリックします。 次のメッセージが表示されたら、[OK]ボタンをクリックします。 XML要素のツリーが表示されます。対応付けは、抽出したいXML要素をツリーからドラッグして、シートの任意 … contact 【Excel/VBA】既存のXMLファイル要素の取得・編集・保 … Excel で XML データをインポートおよびエクスポートするには、XML 要素をセル内のデータに関連付けて、目的の結果を取得する XML 対応付けが便利です。 XML 対応付けを作成するには、XML スキーマ ファイル (.xsd) と XML データ ファイル (.xml) が必要です。 社内用の案件を管理するExcelが、よく破損します。 利用環境は以下の通り。 Nas(LinuxFileServer) Windows&Mac Office:Office365(for Windows&Mac) 破損の内容は、 Excelのオープン時に「一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?

Excel で XML データをインポートおよびエクスポートするには、XML 要素をセル内のデータに関連付けて、目的の結果を取得する XML 対応付けが便利です。 XML 対応付けを作成するには、XML スキーマ ファイル (.xsd) と XML データ ファイル (.xml) が必要です。

このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。. XML Excel. xlsxやxlsmも対応、というかxlsならこんなんしないで一瞬で開けます。

JSONに取って代わりつつあるものの、未だ根強く残り続けるXMLファイル。本日はVBAでXMLファイルを開き、中身を書き換えて名前を付けて保存を行うマクロを作ったので備忘録。, まず今回XMLを操作するにあたって、Microsoft XML v6.0の参照設定を追加を行う。, で、これでMSXML2.DOMDocumentが使えるようになる…ってのはWin7迄のお話で、Win8.1以降はMSXML2.DOMDocument60とバージョン指定をして宣言しないとエラーになる模様。(無駄に嵌った…)※Microsoft XML v3.0ならセーフらしい, 今回のマクロ作成の経緯としては、IP電話機Grandstream(GXP16系)のプロビジョニングファイルをエクセルから一括で作りたかったのです。(最近は画面チラ見しただけでファームのバージョンが分かる位Grandstreamいじってる…), このP値それぞれにSIPやらSRVやらプレフィックス設定が入ってるので、シート側に書き換えたい値を持たせてそれらを元にごにょごにょして行きます。シート側のイメージはこんな感じ↓, プロビジョニング設定しとくと、いちいち1台1台ブラウザでアクセスして設定しなくても、 rebootさせれば勝手にファイルを読み込んで設定が書き変わってくれるので超絶便利なので、Grandstream愛好家は是非使うべし。, シートに配置したボタンによりキック。やってる事は非常に単純。Loadで開き、P値で直接エレメント指定SelectNodesで取得&書き換え、Saveで保存するだけ!是非参考にしてみてください~(ᵔᴥᵔ), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, お仕事:C#/VBA/MySQL/Lua/ネットワーク周り そんな時に毎度ちまちま文字列くっ付けてSQL作るのが面倒だったので解消するマクロを作ってみた, 多人数対応無料ビデオ会議jitsi meetをVMware上のUbuntuに構築してみた. excelを使用してxmlデータを入出力する場合は、xmlデータの文書構造やデータ型などを定義した「xmlスキーマ」をブックに追加し、セルの列にxmlデータの要素を対応付けることによってxml形式でデータを入出力することができるようになります。 開発室. ます。, [Excel の使用に関する基本オプション] で [[開発] タブをリボンに表示する] ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。, 注:  Excel 2010 および Excel 2007 の XML ベースのマクロ有効アドイン ファイル形式。 アドインは、追加のコードを実行するための補助プログラムです。 VBA プロジェクトや Excel 4.0 マクロ シート (.xlm) の使用をサポートします。 Excel 97 ~ 2003 アドイン.xla. 今までのExcelで作成したデータは、ユーザーがファイルの中を見ても、どこに何が記録されているかは判断できなかった。Excel 2007では、データの保存形式がXMLに変更されたため、どんなデータが保存されているかを確認しやすくなった。 Excel で XML データをインポートおよびエクスポートするには、XML 要素をセル内のデータに関連付けて、目的の結果を取得する XML 対応付けが便利です。 XML 対応付けを作成するには、XML スキーマ ファイル (.xsd) と XML データ ファイル (.xml) が必要です。 XML の対応付けを作成すると、自分の好みに合わせて、XML 要素を対応付けることができます。, ヒント: Excel での XML の使用の詳細については、「Excel における XML の概要」を参照してください。, 別のデータベースまたはアプリケーションで XML スキーマまたは XML データ ファイルを作成した場合は、これらは既に使用可能な状態になっている場合があります。 たとえば、業務アプリケーションでデータを XML ファイル形式にエクスポートしたり、商用の Web サイトや Web サービスで XML ファイルを提供したり、自社の IT 部門で開発したカスタム アプリケーションで XML ファイルを自動作成したりする場合です。, 必要な XML ファイルがない場合は、テキスト ファイルとして使用するデータを保存して、XML ファイルを作成できます。 テキスト ファイルを必要な XML ファイルに変換するには、Access と Excel のどちらでも使用できます。 この方法を次に紹介します。, [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、新しいテーブルを作成するデータベースを選んで開きます。, [外部データ]、[テキスト ファイル] の順にクリックして、各手順の指示に従い、確実にテーブルをテキスト ファイルにリンクします。, Access により新しいテーブルが作成され、ナビゲーション ウィンドウに表示されます。, リンク テーブルから XML データ ファイルと XML スキーマ ファイルにデータをエクスポートします。, [外部データ]、[XML ファイル] ([エクスポート] グループ内にあります) の順にクリックします。, [エクスポート - XML ファイル] ダイアログ ボックスでファイル名と書式を指定し、[OK] をクリックします。, Access からエクスポートした XML スキーマに基づいて、XML の対応付けを作成します。, [複数ルート] ダイアログ ボックスが表示された場合は、XML テーブルを作成できるように、[dataroot] を選びます。, dataroot 要素を対応付けて XML テーブルを作成します。 詳細については、「XML 要素を対応付ける」を参照してください。, Excel でサポートされていない XML スキーマ構造がいくつかあります。 次に示す XML スキーマ構造は、Excel にインポートできません。,     この要素を使うと、スキーマで宣言されていない要素を含めることができます。,     この要素を使うと、スキーマで宣言されていない属性を含めることができます。, 再帰構造    再帰構造再帰構造の一般的な例として、同じ XML 要素が複数のレベルにネストされている社員と上司の階層構造が挙げられます。 Excel では、複数レベルを超える再帰構造はサポートされていません。, 抽象要素    これらの要素は、スキーマで宣言することを目的としていますが、要素としては使用しません。 抽象要素は、抽象要素を置き換える他の要素に依存します。, 代替グループ    これらのグループを使うと、別の要素が参照されている場所で要素をスワップすることができます。 要素は、 属性によって、別の要素の代替グループのメンバーであることを示します。, 混在したコンテンツ    このコンテンツは、複合型定義で mixed = "true" を使って宣言されています。 Excel では、複雑な型の単純なコンテンツはサポートされていませんが、その複合型で定義された子タグと属性はサポートされています。, 次のサンプル データには、XML ファイルや、XML ファイルを作成するためのテキスト ファイルがない場合に、XML の対応付けをテストするために使用できる基本的な XML 要素と構造が用意されています。 このサンプル データをコンピューター上のファイルに保存する方法を説明します。, コピーするファイルのサンプル文字を選び、Ctrl キーを押しながら C キーを押します。, メモ帳を起動し、Ctrl キーを押しながら V キーを押して、サンプル テキストを貼り付けます。, Ctrl キーを押しながら S キーを押して、コピーしたサンプル データのファイル名と拡張子を使って、ファイルを保存します。, メモ帳で Ctrl キーを押しながら N キーを押して、手順 1 ~ 3 を繰り返し、2 つ目のサンプル テキストのファイルを作成します。, XML の対応付けを作成するには、XML スキーマをブックに追加します。 スキーマは XML スキーマ ファイル (.xsd) からコピーできますが、Excel では XML データ ファイル (.xml) からスキーマの推定を試すこともできます。, [開発] タブが表示されていない場合は、「[開発] タブを表示する」を参照してください。, [XML ソース] 作業ウィンドウで、[XML の対応付け] をクリックして、[追加] をクリックします。, [検索対象] の一覧で、開こうとしているファイルが置かれているドライブ、フォルダー、またはインターネットをクリックします。, XML スキーマ ファイルの場合、XML がその XML スキーマに基づいて XML の対応付けを作成します。 [複数ルート] ダイアログ ボックスが表示されたら、XML スキーマ ファイルで定義されているルート ノードの 1 つを選びます。, XML データ ファイルの場合、Excel が XML データから XML スキーマの推定を試み、それによって XML の対応付けを作成します。, XML テーブルで XML 要素を単一対応付けセルや繰り返しセルに対応付けて、XML スキーマでセルと XML 要素の間に関係を作成することができます。, 隣接していない複数の要素を選ぶには、要素を 1 つクリックした後で、Ctrl キーを押しながら対応付けたい他の要素をクリックします。, [XML 要素の対応付け] ダイアログ ボックスでセルを選び、[OK] をクリックします。, ヒント: 選んだ要素は、ワークシート内で表示したい位置にドラッグすることもできます。, 各要素は [XML ソース] 作業ウィンドウに太字で表示され、要素が対応付けられていることを示します。, 単一対応付けセルを作成するために XML の非繰り返し要素をワークシートにドラッグすると、3 つのコマンドを備えたスマート タグが表示されます。このタグを使って、見出しやラベルの配置を制御できます。, データに見出しが設定されている    このオプションをオンにすると、セルには既に見出し (データの左側またはデータの上) があるため、XML 要素の見出しは無視されます。, XML 見出しを左に配置する    XML 要素見出しをセル ラベルとして使うとき (データの左) は、このオプションをクリックします。, XML 見出しを上に配置する    XML 要素見出しをセル ラベルとして使うとき (データの上) は、このオプションをクリックします。, XML テーブル内に繰り返しセルを作成するために XML の繰り返し要素をワークシートにドラッグすると、XML 要素の名前が自動的にテーブルの列見出しとして使われます。 ただし、列見出しのセルを編集して、列見出しを自由に変更できます。, [XML ソース] 作業ウィンドウで [オプション] をクリックすると、XML テーブルの動作をさらに制御できます。, 対応付け時に隣接する要素を結合    このチェックボックスをオンにすると、要素を XML テーブルに隣接するセルにドラッグするときに XML テーブルが自動的に拡張されます。, データ内の列見出しを使用    このチェックボックスをオンにすると、繰り返し要素をワークシートに対応付けるときに、既存のデータを列見出しとして使用できるようになります。, XML コマンドがすべて淡色表示になり、XML 要素をセルに対応付けることができない場合は、ブックが共有されている可能性があります。 [レビュー]、[ブックの共有] をクリックして、そのことを確認し、必要に応じて、共有使用からブックを削除します。, 共有するブックで XML 要素を対応付けたい場合は、XML 要素を目的のセルに対応付け、XML データをインポートし、XML の対応付けをすべて削除し、それからブックを共有します。, データを含んでいる XML テーブルを別のブックにコピーできない場合は、XML テーブルがデータ構造を定義している XML 対応付けに関連付けられている可能性があります。 この XML 対応付けはブックに保存されますが、XML テーブルを別のブックにコピーした場合、XML の対応付けは自動では含まれません。 XML テーブルをコピーする代わりに、Excel では同じデータを含んでいる Excel テーブルが作成されます。 新しいテーブルを XML テーブルにするには、次の操作を行います。, 元の XML の対応付けを作成するのに使った .xml ファイルまたは .xsd ファイルを使って、新しいブックに XML の対応付けを追加します。 他のブックに XML の対応付けを追加する場合は、これらのファイルを保存する必要があります。, 繰り返し要素を結合セルに対応付けると、Excel によってそのセルが結合解除されます。 繰り返し要素は結合解除されたセルでのみ機能するようになっているため、これは想定内の動作です。, 単一の非繰り返し型 XML 要素を結合セルに対応付けることはできますが、繰り返し型 XML 要素 (または繰り返し型要素を含んでいる要素) を結合セルに対応付けることはできません。 セルの結合は解除され、要素はポインターが置かれているセルに対応付けられます。, XML データをインポートするときに、使用しない XML 要素を非表示にしたり、セルの内容が上書きされないようにしたりすることができます。 たとえば、XML ファイルのインポート時に数式が上書きされるのを望まない場合は、数式が含まれている単一対応付けセルまたは繰り返しセルから、XML 要素の対応付けを一時的に解除できます。 インポートが完了したら、もう一度 XML 要素を数式セルに対応付けることができるので、数式の結果を XML データファイルにエクスポートすることができます。, XML 要素の対応付けを解除するには、[XML ソース] 作業ウィンドウで要素の名前を右クリックし、[要素の削除] をクリックします。, Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Excel のオプション>