肝臓の解毒も期待できるビタミンです。, 葉酸は成長に欠かせないビタミン。赤血球を合成したり、DNAを合成したりする働きがあります。貧血予防の効果も期待できます。, キャベツは食物繊維も豊富です。 そのまま与えると喉に詰まる危険があるので、小さく刻んで与えましょう。 ビタミンCが68㎎(生)と豊富に含まれているのが特徴です。 ・ 皮膚の色素沈着(皮膚の色素が黒く変化する) 特に子犬や老犬に与えるときは、やわらかく茹でて刻んだものや、味付けをしていない茹で汁(スープ)をドッグフードにかけてあげるとお腹の負担になりません。, ただし、食べさせすぎには要注意。

・ 元気が無くなり、動きが鈍くなる 参考のために犬が1日に必要とするエネルギー量(DER)の計算方法を解説します。 また、犬のお腹の調子が悪い時や便がゆるい時は、キャベツは与えないようにしてください。 愛犬にキャベツを与える場合、生より茹でる方が消化しやすくなります。 1日当たりのエネルギー要求量(DER)(キロカロリー)=220×1.6(係数)=352Kcal, となります。

キャベツの茹で汁には、ビタミンなど栄養素が溶け出しています。 【参照元】BLUE CROSS for pets「Can dogs eat apples, grapes, potatoes and other fruit and veg?」, 犬にキャベツを与える際は、食べすぎを防ぐためにも少量のトッピングやおやつにとどめます。 たまに与える程度にして、量は少なめにしてください。 ・ 神経症状(発作や運動失調など), 甲状腺ホルモン薬を投与することで、不足しているホルモンを補充します。基本的には、生涯投与し続けなければなりません。必要なお薬の量はワンちゃんによって異なり、同じワンちゃんでも時間の経過とともに変化します。このため、お薬を投与した後の血液検査(血液中の甲状腺ホルモン濃度)を定期的に行い、お薬の投与量を適正に保ちます。投与量が少なすぎても効果が得られず、投与量が多い場合には甲状腺機能亢進症を引き起こします。血液検査のタイミングも重要で、通常は投薬後4-6時間前後でお薬が吸収されてホルモン濃度が十分に上がっているところで行います。, ほかの病気が原因で甲状腺ホルモン濃度が低下している場合は、原因となっている病気を治すことで甲状腺ホルモン濃度が回復することがあります。(甲状腺機能正常症候群:Euthyroid Sick Syndrome)この場合は、上記の甲状腺機能低下症に特徴的な症状が出ていなければ、ホルモンの補充治療を行わないことが多いです。, 早期発見、早期治療が大切です。動物病院さんでのこまめな検診をお勧めします。ご自宅では、ワンちゃんの行動や皮膚の状態などのチェックを行ないましょう。また、上記に記載の症状が見られる場合は、早めに動物病院にご通院ください。, アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。, 保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 ドッグフードにかけてふやかしても良いでしょう。 加えて、キャベツの芯は喉に詰まる危険性もあるので、キャベツの芯は取り除いてから愛犬に与えるようにしましょう。

甲状腺機能低下症の愛犬には、高脂肪や消化の悪いタンパク質を含むような食事は ng です。. 甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの分泌が減少することによって、元気がなくなり、顔つきもぼんやりとし、脱毛、肥満、暖かい季節でも寒がるなどのさまざまな症状がみられる病気です。高齢のワンちゃんでしばしば見られます。

キャベツ100gあたり生では78μg、茹でたキャベツでは76μg含まれています。 下痢や軟便、嘔吐などの症状が見られた際には、子犬や老犬はもちろん、健康な成犬についてもキャベツを与えるのはやめてください。, 【獣医師監修】老犬のお困りごと(愛犬の老化・ケア方法)解消「お役立ち」まとめ記事【20選】, なんだか愛犬に元気がないみたい…と感じたら、それは老化のサインかもしれません。いつでも愛嬌たっぷりで可愛い犬たちですが、実は人間よりも歳をとるのが早い生き物。犬の老化のサインを見逃さず、老後も快適な暮らしが送れるようにしてあげるためには、犬の老化についての知識を身につけておく必要があります。, フレッシュな「生」のキャベツはビタミンの損失が少ないというメリットがありますが、消化するのに負担がかかります。 別名「キャベジン」と呼ばれ、キャベツから発見された成分としても有名です。, ビタミンUの「U」は「かいよう(Ulcer)」の頭文字から名付けられ、胃酸の分泌を抑制して胃腸粘膜の新陳代謝を活発にするため、胃粘膜の保護、胃腸粘膜の働きを助けるなどの働きがあります。

また、キャベツの芯には硝酸イオンが微量ながら含まれています。 キャベツの繊維が犬のお腹に負担をかけます。 犬の被毛は、(シングルコート以外の犬では)換毛期になるとごっそりと抜けて生え変わります。それは自然な現象なので心配はいりません。でも、毛が抜けてしまう症状の病気もたくさんあり、犬の尻尾がハゲてしまう病気もあります。今回は、尻尾がハゲてしまう

キャベツの固い葉は、茹でて柔らかくしてから愛犬に与えてください。, キャベツの芯は固いため、犬が消化するのに負担がかかります。 基本的には総合栄養食である良質なドッグフードを与え、キャベツは時々のごほうびにしたほうがいいでしょう。 特に、甲状腺疾患を持つ犬には、キャベツを与えるのは控えましょう。 ・ 暖かい季節でも寒がる、低体温 また、愛犬にキャベツを与える場合、「少量ならよいが、毎日与えない方がいい」という意見もあります。 キャベツなどアブラナ科に含まれる「ゴイトリン」が、甲状腺を腫らすこともあるためです。 水分が多い野菜ですが、ビタミンCやビタミンK、カリウムや葉酸が含まれています。 現代人を苦しめる腎臓の機能低下である腎不全ですが、これは犬も苦しめられる病気の1つとなっています。, 治療にあたっては点滴によるものや食事によるものがあるようですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか?, 腎不全は症状がなかなか出てくるものではなく、発覚した時にはすでに手遅れな状態になっているということが多い症状と言われております。, 腎臓は沈黙の臓器とも言われており、異変に気が付いた時には尿毒症と呼ばれる余命が宣告される状態になっていることも多いのです。, 尿毒症の症状が現れている犬は腎臓の機能がほとんど果たされていなく、細胞がほとんど破壊されている状態なので、すでに手遅れになってしまっているのです。, その中でも、末期と言われている症状は痙攣や昏睡状態であり、この症状があると数時間のうちに死亡してしまうこともあるでしょう。, 腎不全になると、症状の進行を遅らせることしかできずに余命を告げられてしまうことも多いのですが、食事療法を続けることで悪化を遅らせたりできるので、余命を伸ばすために全力をあげてください。, 犬の腎不全の治療方法の基本は食事療法ではありますが、慢性の場合はあくまで症状の悪化を抑えることに重きを置くようになります。, 一度破壊されてしまった細胞は回復するものではないので、進行を抑える程度しか方法は無いのです。, 食事療法は症状の悪化を食い止めることにもつながりますが、腎臓の機能が低下しているということは老廃物を排泄する機能も低下していることになるので、食べられる食材も制限されるようになります。, タンパク質が分解されると老廃物が蓄積されるようになるのでタンパク質も制限されます。, カルシウムを補うことも重要ですが、リンを減らすことも重要なので、食事の内容については色々とアドバイスをもらうことになるでしょう。, それ以外には透析治療や点滴などの内科的治療によって症状の緩和を促すこともあるでしょう。, 腎不全になってしまった犬はリンの摂取量を気にする必要がありますし、タンパク質摂取量も注意されることがあるでしょう。, リンの含有量が低い炭水化物は白米・ジャガイモなど選定する必要があるので、ドッグフードをただ単に与えるのは腎不全の犬には危険を伴いかねないので、獣医の指導をしっかり受けて食事レシピを考えて手作り食にしてあげたほうがいいでしょう。, 腎臓の機能が低下していることでろ過機能が正常に働かなくなるので、今まで通りの食生活はできないのです。, 人間の場合はカリウムを多く含んでいるので腎不全の人は推奨されることはほとんどないでしょうが犬と人間は異なるので、勧めている獣医もいるとのことです。, リンゴにはペクチンやポリフェノールの作用によって犬にもプラス作用をもたらしてくれるものなのですが、腎不全にならないようにするためにもカリウムを含むリンゴを食べて老廃物を除去しやすい状況を作ることが大切と言われているのです。, 腎不全とは腎臓の機能が低下してしまうことで腎臓に求められる機能が発揮されなくなってしまい、様々な悪い症状を引き起こすようになってしまう状態のことです。, 具体的には腎臓の3/4の細胞が死んでしまった時に慢性の腎不全と言われているのですが、ある程度の症状が発覚しないと解らない厄介なものとなっているのです。, 具体的な症状は食欲がなくなる・尿の回数が増えるか減る・痩せる・水分摂取量が増える・吐く回数が増える・口臭が悪化する・便秘になる・腎臓に痛みが出るといったものです。, 尿の回数が増えることもあれば減ることと言われているのですが、急性の場合はほとんど排尿することが無くなり慢性の場合は頻尿になるとされております。, また、急性の場合は慢性とは違い腎臓への痛みがひどいので動きの量が極端に減るようです。, 腎臓が正常に機能しなくなると老廃物に対してのろ過機能が低下するようになるので、体外への老廃物の排泄や毒素の排泄ができなくなります。, このような状態は尿毒症と言われており、末期まで進むと治療が不可能となってしまいます。, 末期の尿毒症症状はいくつかありますが、すでに昏睡状態や痙攣が多発してしまっている場合は余命数時間の危機的な状態にあると言われておりますし、体温低下や尿が出ないという段階でも余命は数週間と言われております。, いわゆる末期症状とはこのような状態を指しますが、嘔吐・下痢・脱水症状・むくみ・腹部への塊・食欲不振・大量の水の摂取など、様々な症状がまとめていっぺんに発生することもあるでしょう。, 腎臓がしっかり働かなかなると、窒素やアンモニアの量が増えるようになり、血液中の尿素窒素やクレアチニンの量も変わってくるのです。, 慢性腎不全の犬は血中尿素窒素やクレア陳の値が約10~25 mg/dlと1~2 mg/dlという正常な値から大きくずれるようになるので、どちらの検査も並行して行うことで高確率で発症しているのかどうかが解ってくるのです。, 犬の腎不全の原因は急性ならば腎臓そのものに何らかの異常が発生し、尿路に損傷が発生して尿の排泄が阻害されることが原因となってきます。, 一説によるとリンの過剰摂取が進んでカルシウムが不足するようになることで腎結石が発生するようになり、腎機能に障害が出るようになるとのことです。, それ以外には、歯周病や遺伝性疾患、自己免疫疾患などの他の疾患から腎不全になってしまうこともあるようで、食生活にも気を配っていたとしても何らかの病気が原因で腎不全になってしまうこともあるのです。, この腎不全には原因が特定できるケースもありますが、特定できないケースもありますので、完全な予防は困難となっております。, それでも腎臓の機能を低下しにくい状況は作れますので、それが予防となってくれるでしょう。, というのも歯周病の犬は腎臓病になるリスクが高いと言われているので、定期的に歯磨きを行われると良いでしょう。, そして、腎機能は脱水状態が長いほど低下しやすいので、きちんと水を補給できる状態は整えてください。, また、これは犬特有のものではありますが、犬にとってブドウやレーズンは腎臓にとっての毒となってしまうので食べさせないようにしましょう。, そして、タンパク質と塩分、そしてリンの過剰摂取は腎機能低下に繋がってしまいますので、栄養素はきっちりと確認してペットフードを与えるようにして下さい。, 人間でも腎不全の症状が気が付きにくいのですが、「なんか変だな?」と異変をさとることもできるでしょう。, しかし、ペットの体調不良は飼い主が察する必要がありますが、この「なんか変だな?」と犬が感じている段階で察することができる人はいないと思われます。, 従いまして、できる限り発症しないように食事など健康面に気を付けるようにしてあげましょう。, 末期と言われている症状は痙攣や昏睡状態であり、この症状があると数時間のうちに死亡してしまうこともある, 犬の腎不全の治療方法の基本は食事療法ではありますが、慢性の場合はあくまで症状の悪化を抑えることに重きを置く, 腎不全にならないようにするためにもカリウムを含むリンゴを食べて老廃物を除去しやすい状況を作ることが大切, 食欲がなくなる・尿の回数が増えるか減る・痩せる・水分摂取量が増える・吐く回数が増える・口臭が悪化する・便秘になる・腎臓に痛みが出る, 慢性腎不全の犬は血中尿素窒素やクレア陳の値が約10~25 mg/dlと1~2 mg/dlという正常な値から大きくずれるようになる. 係数は成長段階、活動量によって異なるので、わからないときは獣医師に相談してください。, 1日当たりの安静時のエネルギー要求量(RER)(キロカロリー)=体重5(㎏)×30+70 ・ 徐脈 ただ、極端に大量にキャベツを食べ続けた場合に問題になるものであり、少量を時々食べる程度なら健康な犬では問題ないと言えるでしょう。

たとえアレルギーがない犬でも、食べたあと下痢や嘔吐、軟便など消化器の異常や、口の周りや顔をかゆがるなどが見られたら食べさせるのをやめて動物病院を受診しましょう。, 100gあたり23kcalとキャベツはカロリーが低めですが、食べさせすぎると、総合栄養食が食べられなくなって栄養不足になる可能性があります。 愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。 もともとキャベツが好きな犬は多いのですが、キャベツの歯ごたえやほんのりした甘味が犬に好まれる理由かもしれません。 ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれているため、鮮やかな紫色をしています。 キャベツを与える目安としては、犬が1日に必要とするエネルギーの10%程度に収まるようにしましょう。

キャベツのビタミンCは構造が独特で加熱(油で炒める)しても壊れにくいということも言われています。 愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。, 【獣医師監修】愛犬がにんじんを食べても大丈夫?「生」にんじんや「ネギ類」に要注意!, にんじんはビタミン豊富な緑黄色野菜で、私たちの生活に欠かせない野菜です。愛犬にもにんじんを与えたいと思う飼い主も多いと思いますが、にんじんを愛犬に与えてもよいのでしょうか?ここでは、にんじんを愛犬に与える際の注意点やポイントについて解説していきます。, 【獣医師監修】犬がブロッコリー(生)を食べて大丈夫?メリットや注意点、芯は食べてOK?, 茹でてそのまま食べたり、料理に使ったりして私たちの食卓を彩るブロッコリー。栄養豊富でおなじみの野菜ですが、犬がブロッコリー(生)を食べても問題ないのでしょうか?ブロッコリーを愛犬に与えるメリットや注意点について解説していきます。, 【獣医師監修】犬がキャベツ(生)を食べても大丈夫?毎日はダメ!?甲状腺疾患や腎臓病など持病に注意!, 小田史子 行動分析学研究「オペラント条件づけによる子イヌのトイレトレーニング : 家庭における室内トイレトレーニングの介入事例」, BLUE CROSS for pets「Can dogs eat apples, grapes, potatoes and other fruit and veg?」, AMERICAN KENNEL CLUB「Can Dogs Eat Lettuce?」, 本サービスでの獣医師・獣医療従事者等による情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サイトに掲載された情報等のご利用により万一何らかの損害が発生したとしても、弊社は一切責任を負いません。. さらに、お腹にガスが溜まる「鼓腸」を引き起こす危険もあり、注意が必要です。 生で与えるなら、柔らかい葉の部分をごく少量与えるようにしましょう。

・ 肥満(基礎代謝が低下するるので、食べる量が少ないのに太る)

病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。, 最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg.

甲状腺ホルモンの分泌が少なくなる病気のことです。 この病気は、左右対称の抜け毛が見られ、フケや皮膚病などになりやすいという特徴があります。 参考 ⇒犬の病気の甲状腺機能低下症の重要な4つの症状と治療法とは? 脂漏症 水分や繊維が多く消化の負担になる可能性があります。

ちなみに、きゅうりは14㎎です。 葉っぱを外さずに丸ごと流水に数分つけることで農薬もほとんどなくなります。, 【獣医師監修】犬がきゅうりを食べても大丈夫?きゅうりの皮や尿路結石、与える量の注意点!, 一年を通して食卓に並ぶことが多いきゅうり。また、ダイエット食としても人間にはおなじみの野菜ですが、犬がきゅうりを食べても問題はないのでしょうか?犬にきゅうりを与える際の注意点や、きゅうりを与える時の誤解などについて解説していきます。, ビタミンKは骨の形成と血液凝固に欠かせないビタミンです。 ・ 嗜眠(しみん:睡眠を続け、強い刺激を与えなければ目覚めて反応しない状態)

・ 顔つきがぼんやりしている 犬は人間と異なりビタミンCを体内(肝臓)で生成できる動物ですが、ストレスや運動で消耗しやすく食事からビタミンCを摂ることも大切です。 市販で大量に売られているドッグフードは、人工添加物や高カロリーな糖質・脂質が多くが含まれているものが多いため甲状腺機能低下症の犬の食事には向きません。

少量なら犬に与えてもかまいません。レタスは水分が多めで、食べすぎると下痢を起こす可能性もあるのでほんの少しにしてください。

「うちの犬は大のキャベツ好きで、毎日、生キャベツを食べている!」「キャベツを手作りフードで与えている」という飼い主さんもいるかもしれません。食物繊維が豊富で、万能野菜といわれているキャベツですが、本当に愛犬に毎日キャベツを食べさせていいのでしょうか?今回は犬にキャベツを与えるメリットや注意点について解説します。, 犬がキャベツを食べても大丈夫です。

必要なフード量の見た目が10%程度になるように調節する方法がおすすめです。 【参照元】荒田 明香 ペット栄養学会誌「犬と猫の食欲と行動学の関わり」小田史子 行動分析学研究「オペラント条件づけによる子イヌのトイレトレーニング : 家庭における室内トイレトレーニングの介入事例」, 心臓病や腎臓病、腎不全、甲状腺疾患(甲状腺機能亢進症)、癌など持病のある犬や薬を飲んでいる犬、療法食を食べている犬は、キャベツを与える前に必ずかかりつけの獣医師に相談してください。, 【獣医師監修】「犬の急性腎不全(急性腎臓病・急性腎障害)」 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?, 犬の「急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)」とは、老廃物や毒素を排出する機能をもつ腎臓の機能低下によって起こる病気で、急激に体調が悪化します。ここでは急性腎不全について詳しく解説します。, 【獣医師監修】「犬の慢性腎不全(慢性腎臓病)」 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?, 犬の「慢性腎不全(まんせいじんふぜん)」とは、老廃物や毒素を排出する腎臓の機能が徐々に低下していき、体内に蓄積した毒素によってさまざまな症状を示す状態です。腎臓の機能が低下しても、重度に低下するまではほとんど症状を示さず、症状を示した時には腎不全のために有効な治療を行うことができないことも多々あります。, キャベツの成分が薬と作用したり、病状に影響を与えたりする可能性があります。

ドッグフードとの栄養バランスも考えながら取り入れてください。, キャベツの場合は、カロリーが低いのでこのまま計算すると量が多すぎ、お腹を壊す原因になりかねません。

【参照元】福岡市獣医師会 家庭の獣医学「ドッグフード、キャットフードについて」, 子犬は離乳が済んでから、やわらかく茹でて刻んだキャベツをごく少量与えるようにしてください。 お腹の調子を整え、便通をよくする働きがあります。 ビタミンCには抗酸化作用があり、感染症の予防も期待できます。

クッシング症候群と甲状腺機能低下症の関連について 質問カテゴリ: その他 対象ペット: 犬 / ボストンテリア / 性別不明 / 年齢不明 質問者: 東京都 / angelcomeさん 2013/08/01 13:24 ・ 脱毛(体幹部や尾の脱毛が多い)

老犬にキャベツを与える場合も、やわらかく茹でてあるほうが食べやすいでしょう。 ただし、食糞には「人の気を引く」など別の原因も考えられるため、食糞をやめさせる目的でキャベツを食べさせることはやめましょう。 【参照元】「七訂 食品成分表2019本表編」女子栄養大学出版部, サラダに欠かせないレタス。

硝酸イオンは中毒物質なので、微量でも与えない方が安全です。 【参照元】吉田 企世子 株式会社エクスナレッジ「最新版 春夏秋冬おいしいクスリ 旬の野菜の栄養辞典」, 芽キャベツは、葉酸がキャベツの78μg(生)の約3倍の240μgも含まれています。 紫キャベツは、生食向きで、加熱調理にはあまり向いていません。 【参照元】松本 達郎 日本畜産学会報「飼料中のグルコシノレートと家畜・家禽への影響」, 特に、アレルギーを持っている犬には、慎重に与えてください。 甲状腺機能低下症 . キャベツはビタミン豊富で、しかも手に入りやすいなじみのある野菜です。 最近では肝臓の機能を助け、脂肪肝の予防にも役立っていることがわかってきました。, 【参照元】農林水産省 野菜の魅力「キャベツ」 【参照元】農林水産省「野菜などの硝酸塩に関する情報」, 老犬にキャベツの茹で汁(スープ)を与えても大丈夫です。 ただし、キャベツの与えすぎは消化器官に負担をかけ、逆効果になるので注意してください。 それぞれ見てみましょう。, キャベツ100gあたりに含まれるビタミンCは41㎎。 しかし、キャベツを水にさらしすぎるとビタミンCが流れ出てしまうので、さっと洗うようにしてください。 ただし、キャベツを与える量や、持病のある犬には注意しましょう。